時々、鳥を見に

1年前のクマタカ接近遭遇

DSC_6215_00001_04.jpg

投稿しないまま、お蔵入りになっていました。

2017年9月の撮影になります。
  

  
  
ここはクマタカの撮影ポイントとしては大変有名な場所なのですが、
この9月の平日が、私にとって2017年の最初の訪問となりました。
たまたま勤務先事業所の設備点検のため、平日が休みになったのです。

大型の台風が去った直後で風がとても強かった記憶があります。
平日ということもあり、カメラマンは私を含めて10名でした。


11時37分
「あ、来た!!」

私の近くにいたカメラマンが、右後方から高速で回り込んできたクマタカに気がつきました。
10名のカメラマンのうち、右側に居たメンバーは対応が間に合わず。

左端から2番目にいた私は、すぐにカメラに取り付いて、
中央に生えている桜の木の陰から現れたターゲットを迎え撃ちました。
DSC_6216_00001_04.jpg


被写体がフレームから外れたカットも含め、撮影できたのは17コマ。
10コマ/秒での撮影なので、わずか1.7秒間の出来事でした。

ここからは、Nikon D500+ロクヨンでのトリミング無しの画像です。

↓こちらのサイトで理論計算した被写体までの距離は、わずか35m前後
https://keisan.casio.jp/exec/system/1378430392


右から左へかなりのスピードで横切って行ったので、
こんな感じに被写体は揺れ動き、
全身がフレーム内に入っていたのは17コマ中の9コマでした。
DSC_6213_00001.jpg

DSC_6214_00001.jpg

DSC_6215_00001_04.jpg

DSC_6216_00001.jpg

DSC_6217_00001_02.jpg

DSC_6218_00001.jpg

DSC_6219_00001.jpg

DSC_6220_00001.jpg



最後にこちらに顔を向けながら、クマタカは視界の外に飛び去りました。
DSC_6223_00001_02.jpg

10名のカメラマンのうち、撮影できたのは3名。

立ち位置が明暗を分けたとも言えますが、
一瞬のチャンスをモノにすることが出来たのは、ほんとにラッキーでした。
  
スポンサーサイト



  1. 2018/12/16(日) 21:25:08|
  2. クマタカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グル、まだ来ず | ホーム | クマタカ空振りと、ヤマセミ初撮り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://webwheel.blog55.fc2.com/tb.php/185-cecae25d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

WebWheel

Author:WebWheel
→長野県諏訪市在住
→Borgを使ってました。
→Canonのゴーヨンを経て
→現在はNikonのロクヨンです。
→お気軽に声をかけて下さい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する