時々、鳥を見に

クマタカ空振りと、ヤマセミ初撮り

DSC_5041_00001.jpg

毎年恒例の神奈川某市での忘年会の翌日、
ちょっと遠回りしてクマタカを狙いに。
  

  
  
早起きは出来なかったので到着は9時過ぎ。
曇り空のせいでしょうか、現地にはカメラマンが一人だけ。

しばらく彼とともにクマタカの飛来を待ちましたが、
我々の横を通り過ぎていく何人もの野鳥カメラマンを見送るうちに、
私も奥まで行ってみることにしました。
20分ほど歩いた先に、ヤマセミの撮影ポイントがあるとのこと。

撮影機材を肩に担いでわずかな勾配を登っていくと、
厚着した身体が暑く感じるようになった頃に現地に到着。

そのまま昼までヤマセミの飛来を待ちましたが現れず。
代わりにはるか遠くにクマタカの姿を確認。
DSC_4916_00001.jpg

DSC_4916_00001_02.jpg


仕方ないので再び機材を担いで最初の場所に戻ると、
カメラマンが3人増えていました。

『曇りのち晴れ』という天気予報は外れ、
どんよりしたまま風だけが強くなって寒さを感じる状況。


13時ちょい前になって、川から鳥の鳴き声が聞こえました。
「あれ? ヤマセミの声だよね?」

対岸の崖を双眼鏡で探すと、木にとまっているヤマセミを発見。
600mmに1.4倍のテレコンを装着してこの大きさ。
後からGoogleマップで調べたら120~130m。
ハトほどの大きさの鳥なので、かなり距離があります。
DSC_4989_00001_03.jpg


なんとか飛び出しも捉えることができましたが、
さすがにこの距離で枝被りだとピントは厳しい・・・

とはいえ、実はヤマセミは初撮りだったのでそれなりの満足感です。

#ヤマセミのポイントでクマタカを撮り、、
#クマタカのポイントでヤマセミを撮るというイレギュラーな状況はご愛敬(笑)
DSC_5041_00001.jpg

DSC_5050_00001_01.jpg


DSC_5051_00001_01.jpg

DSC_5052_00001_01.jpg

DSC_5053_00001_01.jpg


ところで、
本命のクマタカは15時近くまで待っても現れず、
光も失われてきたこともあって私は諏訪への帰路に着きました。
  
スポンサーサイト



  1. 2018/12/10(月) 00:00:04|
  2. 野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1年前のクマタカ接近遭遇 | ホーム | クマタカ接近遭遇 ~後編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://webwheel.blog55.fc2.com/tb.php/184-5741fc13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

WebWheel

Author:WebWheel
→長野県諏訪市在住
→Borgを使ってました。
→Canonのゴーヨンを経て
→現在はNikonのロクヨンです。
→お気軽に声をかけて下さい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する