時々、鳥を見に

湖畔をグルグル ~その1

DSC_7036_00001_02.jpg

この日の天気予報は晴れ。
相変わらず諏訪湖はほぼ全面結氷のままでしたが、
諏訪湖に注ぎ込む上川の河口周辺が溶けているため、
それに近いヨットハーバーの突堤の上に三脚を構えました。
  

  
  
グルは1km以上先の氷上。
動きを見逃すまいとひたすら監視を続けます。

時折 雪まじりになって視界がかすみました。
DSC_6890_00001.jpg

DSC_6941_00001.jpg



8時30分
沖合から飛び立ったグルは、こちらに向かってくるかと思いきや、途中で
左に旋回(私から見て右方向)に旋回して遠ざかっていきました。
DSC_6950_00001.jpg

DSC_6951_00001.jpg

DSC_6955_00001.jpg

DSC_6965_00001.jpg

DSC_6971_00001.jpg


そのまま直線状に飛んでいったグルは、
いつもの御神渡りの上に降りたようです。

機材を担いで車に戻ると、
グルの位置から近いと思われるポイントまで諏訪湖を半周しました。

現地には、すでに数名のカメラマンがいました。
挨拶を交わしながらグルを探すと、
やはりいつもの御神渡りの上にいました。
手前に大きめの氷があって下半身が半分隠れています。
DSC_7036_00001_02.jpg

そのまま観察していると、湖の上空から雪が降り始めました。
グルの姿も白くかすんでいきます。

しばらくして、松本市の鳥友 Iさんが到着。
話をしているうちに、さらに雪の量が増え、
ついに湖上は完全にホワイトアウトしました。
DSC_7050_00001.jpg

DSC_7051_00001.jpg


いったんカメラ・レンズを仕舞って車内で待機。
やがて雪がやんで視界は回復しましたが、グルの姿がありません。

どこに行ったのかわからないので、
私はいったんそこから一人で山方向に移動することにしました。

山の麓で探しながらうろうろしていると、
Iさんから電話が入り、「グルは最初の位置に戻ったらしい」とのこと。
そこで、山を下って再びヨットハーバーに移動しました。

(続く)
  
スポンサーサイト
  1. 2018/02/25(日) 23:20:39|
  2. オオワシ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<湖畔をグルグル ~その2 | ホーム | 御神渡りの上、山の上>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://webwheel.blog55.fc2.com/tb.php/164-35e61745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

WebWheel

Author:WebWheel
→長野県諏訪市在住
→Borgを使ってました。
→Canonのゴーヨンを経て
→現在はNikonのロクヨンです。
→お気軽に声をかけて下さい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する